JR奈良線総合ナビ

JR奈良線の時刻表や路線図、JR奈良本線の歴史など ⽇々の利⽤からJR奈良線観光地まで使える情報をお届けします。

JR奈良線歴史

奈良鉄道(ならてつどう)は、現在の奈良線全線、桜井線の過半などを建設、運営していた日本の古き民間の私鉄である。

1905年に関西鉄道に譲渡され、さらに1907年(明治40年)に国有化された。

奈良鉄道によって京都と奈良を結ぶ鉄道として計画された。

建設は京都から進められ、1896年(明治29年)に七条駅 - 木津駅 - 奈良駅間が開通したが、

この区間のうち京都駅(七条駅) - 桃山駅間は現在のJR奈良線のルートとは異なり、当初、現東海道本線開通までは現在の近鉄京都線の原型となる伏見駅ルートを通っていた。

また、奈良駅 - 桜井駅間はこの区間を建設していた初瀬鉄道を(明治30年)に合併し、1898年(明治32年)に全通した。

東海道本線の馬場駅(現在の膳所駅) - 京都駅間が東山トンネル経由の現在線に切り替えられた1921年の同日に、

京都駅 - 稲荷駅間の旧東海道本線と稲荷駅 - 桃山駅間の新線が奈良線となり、京都駅 - 伏見駅間が廃止、伏見駅 - 桃山駅間が貨物線化された。

のちに京都駅 - 丹波橋駅間は現在の近鉄京都線の前身である奈良電気鉄道に払い下げられた。

また、奈良駅 - 桜井駅間はこの区間を建設していた初瀬鉄道を(明治30年)に合併し、1898年(明治32年)に全通した。

1904年(明治37年)に近畿鉄道合同の交渉が持たれ、南和鉄道とともに関西鉄道に合流を決め、翌1905年(明治38年)に鉄道一切が引き継がれた。

1925(昭3)年、京都御所で行われた昭和天皇の御大典に間に工期も限られ民地の買収もできるだけ避けるために旧奈良鉄道の線路跡の土地(払下げ)を活用急ピッチで建設されました。

宇治川を渡った奈良電鉄は伏見桃山付近で京阪につなぐ計画もあったようですが、それでは国鉄京都駅には向かえないため計画は中止。

奈良電気鉄道の路線が1928年に開業した後は、運行頻度や所要時間で劣るため直通需要を大きく奪われる。

戦後、1950年代にいち早く旅客列車を気動車化し、また駅の増設が行われるなどしたが、それ以降は特に目立った投資はなされず、1984年になってようやく電化が完成するといったように、完全なローカル線と化していた。

国鉄時代は天王寺鉄道管理局が奈良線全線を管轄していた。

本格的な活性化策がとられるようになったのは、国鉄分割民営化に伴いJR西日本の所属路線となってからである。

JR奈良線基本情報

通称:JR奈良線(JR京都駅 ~ JR木津駅間)

所在地:京都府

起点 木津駅

終点 京都駅

駅数 19駅

JR関西本線所属の木津駅、東海道本線の所属の京都駅が除外され、17駅となる。

開業 1879年8月18日

全通 1896年3月13日

所有者 JR西日本旅客鉄道株式会社

運営者 JR西日本旅客鉄道株式会社

車両基地 吹田総合車両所奈良支所

使用車両 103系、205系、221系

複線区間:新田駅 - 宇治駅間、JR藤森駅 - 京都駅間

2期複線化事業でJR藤森駅〜JR宇治駅間、JR新田駅〜JR城陽駅間、JR山城多賀駅〜JR玉水駅間の複線化

2023年春の開業を予定

JR奈良線 JR奈良線の生い立ち(年表)

1879年(明治12年)8月18日 官営鉄道(後の東海道本線)として京都駅 - 稲荷駅 - 大谷駅間が開業。稲荷駅開業

1895年(明治28年)

・9月5日:奈良鉄道により京都駅 - 伏見駅間(3M23C≒5.29km)が開業。伏見駅開業。京都駅は官設鉄道と共用。

・11月3日:伏見駅 - 桃山駅間(1M9C≒2.19km)が延伸開業。桃山駅が開業。

1896年(明治29年)

・1月25日:桃山駅 - 玉水駅間(12M46C≒20.24km)が延伸開業。木幡駅宇治駅新田駅長池駅玉水駅が開業。

・3月13日:玉水駅 - 木津駅間(4M50C≒7.44km)が延伸開業。棚倉駅木津駅が開業。

・4月18日:木津駅 - 奈良駅間が延伸開業し、京都駅 - 奈良駅間が全通。

・4月21日:東寺仮停車場が開業。

1897年(明治30年)4月1日:官鉄の京都駅から奈良鉄道単独の七条駅として改称。

1898年(明治31年)5月11日:桜井 - 京終間11M10C開業

1899年(明治32年)

・2月11日:京終 - 奈良駅間仮連絡線により貨物営業開始

・10月14日:奈良 - 京終間1M5C開業

1902年(明治35年)

・5月3日:上狛駅が開業。

11月12日:営業距離の単位をマイル・チェーンからマイルのみに簡略化(21M48C→21.6M)。

1905年(明治38年)2月7日:奈良鉄道が路線を関西鉄道に譲渡。

1907年(明治40年)10月1日:日露戦争の煽りを受け経営難となり関西鉄道が国有化。

1908年(明治41年)8月1日:七条駅を京都駅に統合。

1909年(明治42年)10月12日:国有鉄道線路名称制定。木津駅 - 京都駅間を奈良線に、木津駅 - 奈良駅間が関西本線になる。

1910年(明治43年)12月19日:宇治駅 - 木幡駅間に宇治川信号所が開設。

1913年(大正2年)

・6月20日:東寺仮停車場 - 京都駅間に八条信号所が開設。

・11月5日:宇治川信号所が廃止。

1914年(大正3年)

・3月20日:木津駅 - 奈良駅間が複線化。

・7月23日:伏見駅 - 京都駅間の東寺仮停車場が廃止。

・8月15日:八条信号所が廃止。

1915年(大正4年)

・2月13日:木津駅 - 奈良駅間に佐紀仮信号所が開設。

・6月7日:佐紀仮信号所が廃止。

1921年(大正10年)

・3月20日:宇治駅 - 木幡駅間に宇治川信号所が開設。

・8月1日:奈良線の京都駅 - 伏見駅間(3.3M≒5.31km)廃止。伏見駅 - 桃山駅間(1.1M≒1.77km)の旅客営業を廃止。東海道本線の京都駅 - 稲荷駅間(1.8M≒2.90km)を奈良線に編入すると共に単線化。稲荷駅 - 桃山駅間(2.6M≒4.18km)の新線開業。

1922年(大正11年)4月1日:宇治川信号所を宇治川信号場に変更。

1924年(大正13年)8月10日:木津駅 - 奈良駅間に都跡仮信号場(初代)が開設(廃止日不詳)。

1926年(大正15年)1月10日:都跡仮信号場(2代目)が開設(廃止日不詳)。

1926年(大正15年)

・2月13日:青谷梅林仮停車場が開業。

・4月1日:宇治川信号場が廃止。

1928年(昭和3年)

・9月3日:貨物支線 桃山駅 - 伏見駅間が廃止。伏見駅が廃止。

・11月15日:伏見廻りの旧線の廃線跡を転用して奈良電気鉄道京都駅 - 桃山御陵前駅(現在の近畿日本鉄道)間が開業。

1930年(昭和5年)4月1日:営業距離の単位をマイルからメートルに変更(21.6M→34.7km)。

1933年(昭和8年)12月1日:青谷梅林仮停車場を山城青谷駅に変更。

1947年(昭和22年)3月15日:木津駅 - 奈良駅間に佐保信号場(初代)が開設。

1953年(昭和28年)8月15日:南山城水害により、玉水駅駅舎が流失するなどの被害を受ける。

1955年(昭和30年)

・2月15日:全列車気動車に統一。

・7月15日:山城多賀駅が開業。

1956年(昭和31年)11月20日:佐保信号場(初代)が廃止。

1957年(昭和32年)12月27日:東福寺駅が開業。

1958年(昭和33年)7月11日:城陽駅が開業。

1961年(昭和36年)4月21日:黄檗駅が開業。

1972年(昭和47年)7月1日:木津川橋梁が架け替えられる

1975年(昭和50年)12月19日:自動信号化が完成。

1982年(昭和57年)

・3月:列車集中制御装置 (CTC) が導入。

・11月15日:奈良線の荷物列車が廃止。

1984年(昭和59年)

・9月1日:木津駅 - 奈良駅間に佐保信号場(2代目)が開設。

・10月1日 京都駅 - 奈良駅間が電化。105系・113系電車による運転開始。京都駅 - 桜井線・桜井駅間に直通列車を設定。急行「紀ノ川」(京都駅 - 和歌山駅、奈良線・桜井線・和歌山線経由)廃止。

1985年(昭和60年)12月1日:平城山駅が開業。

1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道に承継。日本貨物鉄道が全線で第二種鉄道事業者になる。

1991年(平成3年)

・3月14日:京都駅 - 奈良駅間で小規模自動進路制御装置 (SRC) が使用開始。

・3月16日:黄檗駅・城陽駅に行き違い施設が新設。117系電車による快速が運転開始。

新設当初の途中停車駅は宇治駅のみで、これに加え正月には稲荷駅に臨時停車していた。

1992年(平成4年)10月22日:六地蔵駅が開業。城陽駅が快速の停車駅になる。

1994年(平成6年)

・3月:113系の運用が終了。

・9月4日:105系の運用が終了。桜井線との直通列車を廃止。

1997年(平成9年)3月8日:JR藤森駅が開業。

1999年(平成11年)5月10日:六地蔵駅が快速の停車駅になる。

2001年(平成13年)

・3月3日:京都駅 - JR藤森駅間、宇治駅 - 新田駅間が複線化。JR小倉駅が開業。

区間快速と221系によるみやこ路快速の運転を開始。117系の運用が終了。

・10月1日 東福寺駅が快速・区間快速の停車駅になる。

2003年(平成15年)

・3月15日:東福寺駅と玉水駅がみやこ路快速の停車駅、玉水駅が快速の停車駅になる。

・4月1日:日本貨物鉄道の第二種鉄道事業が廃止。

2006年(平成18年)12月16日:木津駅 - 奈良駅間で ATS-P 使用開始。

2008年(平成20年)

・4月23日:山城青谷駅 - 木津駅間でATS-P(拠点P方式)導入。

・4月27日:黄檗駅 - 山城青谷駅間でATS-P(拠点P方式)導入。

・4月30日:京都駅 - 黄檗駅間でATS-P(拠点P方式)導入。

・6月29日:JR奈良駅関西本線ホーム高架化。

2009年(平成21年)7月1日:全駅でホーム上の喫煙コーナーを廃止して全面禁煙化。

2010年(平成22年)12月1日:組織改正により、大阪支社および京都支社の管轄から近畿統括本部の管轄に変更。

2011年(平成23年):各駅に接近メロディーを導入。

2015年(平成27年)3月14日:路線記号が本格導入開始。

2018年(平成30年)3月17日:各駅に駅ナンバリングが導入され、使用を開始する。205系営業運転を開始する。

2020年(令和2年)3月14日(予定):ダイヤ改正により、みやこ路快速の全列車を6両編成に変更する

・12月6日:JR山城多賀駅-JR玉水間が複線化

JR奈良線 JR奈良線現在の車両

【JR西日本旅客鉄道株式会社】

103系:京都駅 - 木津駅間(平日のみ奈良駅 → 王寺駅間の普通列車としての走行あり)

205系:京都駅 - 木津駅間(平日のみ奈良駅 → 王寺駅間の普通列車としての走行あり)

221系:木津駅 - 京都駅間

奈良線過去の車両

【気動車】

・キハ55系

・キハ58系

・キハ65形

・キハ45系

・キハ40系

キハ35系

・キハ20系

・キハ10系

【電車】

105系

113系

117系

JR奈良線沿線不動のアイコンJR奈良線沿線不動産情報

  • ジンステージ3階賃貸情報-JR宇治駅ジンステージ3階賃貸情報-JR宇治駅
    5.4万円 1K
    宇治市宇治乙方

    JR奈良線宇治駅
  • 城陽市寺田深谷の中古一戸建て【売り物件】城陽市寺田深谷の中古一戸建て【売り物件】

    城陽市寺田深谷

    JR奈良線城陽駅
  • ヴィラ21城陽【賃貸】ヴィラ21城陽【賃貸】
    3万円 1K
    城陽市寺田袋尻

    JR奈良線城陽駅
  • 0016.jpgJR奈良線沿線京都市伏見区深草グランディール深草 1R/2階【賃貸】

    京都市伏見区
Fudousan Plugin Ver.5.6.0