JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

久世神社本殿〔国指定重要文化財〕【城陽市】

久世神社

久世神社本殿〔国指定重要文化財〕

久世神社は、旧久世村の産土神(うぶすながみ) で、江戸時代には「華霊天神社」(かりょうてんじんしゃ)でありましたが、明治初期に「久世神社」 と改められました。
現在の本殿は、細部の様式から室町時代末期に建造されたと推定されています。
本殿は、正面の柱間が一間の「一間社流造」 (いっけんしゃながれづくり)で、屋根は桧皮葺(ひわだぶき) です。正面格子戸の上には唐草模様の透彫(すかしぼり)があしらわれています。

久世神社 万葉歌

久世神社境内前には万葉歌碑が建っている。

白鳥の 鷺坂山の 松蔭に 宿りて行かな 夜も更けゆくを

細領巾の 鷺坂山の 白つつじ 我れににほはに 妹に示さむ

山背の 久世の鷺坂 神代より 春は張りつつ 秋は散りけり

この地鷺坂(さぎさか)には柿本人麻呂(かきのもと の ひとまろ、660頃−720年頃)も訪問してあるようで柿本人麻呂の歌とされている。

久世神社 ご利益

交通安全、旅行安全、地域安全、病気平癒

久世神社開門時間とアクセスマップ

開門時間 拝観自由
住所 城陽市久世芝ヶ原142
御祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと)
旧国郡 山城国久世郡久世村
連絡先 久世神社 0774(52)1747
アクセス 【電車】
JR奈良線「JR城陽駅」下車、北へ徒歩約5分
近鉄京都線「寺田」駅下車、徒歩25分、または「寺田駅東口」バス停から城陽さんさんバス「城陽高校」下車すぐ