JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

源氏物語 宇治十帖 巻五十四 夢浮橋(ゆめのうきばし)【宇治市】

源氏物語 宇治十帖 巻五十四 夢浮橋

「法の師と たづぬる道を しるべにて 思はぬ山に 踏み惑ふかな  - 薫 – 」
横川の僧都に会って、浮舟が生きていることを確認した薫君は、浮舟の弟小君に、横川の僧都の文とともに自分の想いを書いた文を持たせて、小野の里に遣わせます。
浮舟の心は思い乱れますが、人違いだといって小君に会おうとはしません。
帰ってきた小君の様子からことを察した薫君は、文を出さねばよかったと気落ちし、
自分がかつてそうしたように、だれかが浮舟をかくまっているのではないかと思い悩むのでした。

夢浮橋は現実には存在しない橋ですが、古跡の碑はひっそりとたたずんでいます。

源氏物語 宇治十帖 巻五十四 夢浮橋

開館時間 自由
住所 日本、〒611-0021 京都府宇治市宇治橋西詰夢浮橋ひろば内
連絡先 宇治観光協会 0774233334
アクセス 【電車】

JR奈良線宇治駅から徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩5分

源氏物語 宇治十帖 巻五十四 夢浮橋 アクセスマップ