JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

宇治神社で日本最古の神社建築を見に行こう!

宇治神社

宇治神社とは

 宇治神社(うじ-じんじゃ)は、宇治橋上流にある。この地の産土神(うぶなすがみ)として信仰されている。

 近代以前は、境内東にある宇治上神社と二社一体であり、「宇治離宮明神(八幡宮)」、「離宮明神」、「離宮社」、「離宮八幡」、「桐原日桁宮(きりはらひげたのみや)」などといわれていた。宇治神社(うじ-じんじゃ)は、「離宮下社」、「若宮」、「下社」とも呼ばれた。

 祭神は第15代・応神天皇(おうじんてんのう)、第16代・仁徳天皇(にんとくてんのう)、応神天皇皇子・菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の三座を祀る。

 式内社とされる。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「宇治郡 十座 大五座 小五座」の「宇治神社二座 鍬靫」に比定されている。

また、宇治神社とは現在の宇治神社、宇治上神社を指し、ニ座とは菟道稚郎子と母神を意味するともいう。

 祭神・菟道稚郎子は、聡明で学問を究めたことから、学問の祖神として学業・合格神、開運の信仰も集める。

宇治神社(うじ-じんじゃ)は、かつて平等院の地主神として祀られていた。

同様な社に宇治上神社、縣神社があり、これらは平等院、宇治川を挟んでほぼ一直線上に建つ。

かつて、平等院の参詣者は、まず宇治神社(宇治離宮明神)に参詣した後に、参道の意味もあった宇治川を舟で渡り、平等院へと向かっていた。

伊勢神宮参拝の様な方法が用いられていた。




宇治神社のみかえり兎に縁あるパワースポット

兎に縁がある神社として知られる「宇治神社」では、至る所で兎を見ることができます。

中でも有名なのが「みかえり兎」の像。

白くふんわりした見た目が可愛い!!1人旅や女子旅でも癒されること間違いなしです。

兎に縁があるのには理由があり、かつて祀神が宇治までの道を迷っているところ、道案内をしたのが兎だったと伝えられています。

振り返りながら案内している姿から「みかえり兎」として有名に。

今では、正しい人生の道を示す神様の使いとされています。

宇治神社ご利益

学業向上・受験合格祈願・就活合格 良縁

宇治神社 御朱印情報

朱印は500~2000円

宇治神社 開門時間とアクセスマップ

開門時間 参拝自由
住所 〒611-0021 宇治神社京都府宇治市宇治山田1
旧国郡 山城国宇治郡宇治郷
連絡先 宇治上神社 0774-21-3041
御祭神 菟道稚郎子命
文化財 本殿 国の重要文化財
彩色木像「菟道稚郎子命坐像」 重要文化財
木造狛犬 宇治市指定重要文化財・歴史資料館委託
白色尉面 宇治市指定重要文化財
アクセス 【電車】
JR奈良線宇治駅から徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩5分

【車(マイカー)】
京阪バス 京阪宇治停留所 徒歩約5分
京滋バイパス 宇治東IC 車で約5分

【駐車場】
700円