JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

源氏物語巻第四十六帖 椎本の古跡【宇治市】

彼方神社(おちかたじんじゃ)

「たちよらむ 蔭を頼みし 椎が本 むなしき床に なりにけるかな  - 薫 – 」

源氏物語五十四帖の中の第四十六帖。

匂宮は初瀬詣の帰りに宇治で京より迎えにきた薫君とともに宴をはり、管弦を楽しみます。そして、京へ帰った匂宮は八宮からの文をきっかけに大君の妹中君と文を取り交わすようになります。一方、薫君はますます大君に心をひかれていきます。やがて、八宮は薫君に姫たちの行く末を頼みながら、山寺で寂しくその生涯を閉じます。薫君は、なにかと姫たちの暮らし向きに心を配りますが、そのなかにも姉大君への思いが育っていきます。

彼方神社(おちかたじんじゃ)椎本(しいがもと)の古跡
彼方(おちかた)神社が椎本の古跡です。諏訪明神を祭神としています。古くは宗像(むなかた)の神を祀ったといいます。




彼方神社(おちかたじんじゃ)椎本(しいがもと)の古跡

開門時間
住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治東内31
御祭神 大物主命
旧国郡 山城国宇治郡宇治郷
アクセス 【電車】
JR奈良線JR宇治駅から徒歩10分
京阪宇治線宇治駅」から徒歩で3分