JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

源氏物語巻第五十二帖 蜻蛉石(かげろういし)【宇治市】

蜻蛉石(かげろういし)

「ありと見て 手には取られず 見れば又 ゆくへも知らず 消えし蜻蛉  - 薫 – 」

源氏物語五十四帖の中の第五十二帖。

浮舟の姿が見えなくなって、山荘の人々は慌て戸惑いますが、消息がわからないことから、死んだものだと判断して、形ばかりの葬儀を済ませます。匂宮は悲嘆の余り病床に伏してしまいます。薫君は、都で華やかな日々を送りながらも、亡くなった大君、匂宮に渡してしまった中君、行方も知れずに消えてしまった浮舟と、八宮ゆかりの姫君たちのことを思い、物悲しい思いに沈んでしまいます。

蜻蛉の古跡
蜻蛉石が蜻蛉の古跡です。自然石に、阿弥陀三尊が線彫りしてあります。平安時代末期のものです。




線刻阿弥陀三尊仏 蜻蛉石(かげろういし)

開門時間
住所 〒611-0013 京都府宇治市莵道大垣内35−5
アクセス 【電車】
JR奈良線JR宇治駅から徒歩20分
京阪宇治線宇治駅から徒歩で15分