JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

地蔵禅院(じぞういん)【井手町】

地蔵禅院(じぞういん)【井手町】
写真提供  田中 田さま

井手町一望の眺めを従えた一本桜

地蔵禅院は玉津岡神社参道の脇にたたずむ曹洞宗の小さなお寺で、井手の里を一望できる高台にあります。
鐘楼の横にある枝垂桜は江戸時代享保年間に植樹されたといわれており、円山公園の先代の枝垂桜と親木が同じで、現在の円山公園の枝垂桜の叔父にあたります。また鐘楼下の畑には、樹齢100年になるこの枝垂桜の子桜が2本植樹されています。境内にはこのほかに、江戸彼岸や水害復興記念にと当時の京都府知事から贈られた染井吉野なども植えられています。

地蔵院(じぞういん)シダレザクラ

地蔵禅院は桜の名所として知られており、花見シーズンには約2,000人が見物に訪れる。

特に高さ約10メートル・樹齢約280年のシダレザクラが有名で、京都府の天然記念物に指定されている。近年は樹勢が衰えており、土壌改良などの延命治療が行われている。

また、種子から作られた苗木が町内のまちづくりセンター椿坂に植えられており、まちづくり協議会など町民の手で育てられている

地蔵院(じぞういん)【井手町】アクセスマップ

開門時間
住所 京都府綴喜郡井手町大字井手小字東垣内16
旧国郡 山城国綴喜郡井手村
宗派 曹洞宗永平寺派
御本尊 地蔵菩薩立像
アクセス 【電車】
JR奈良線JR玉水駅から約2.0km徒歩30分。