JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋(あずまや)【宇治市】

源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋(あずまや)

浮舟は、八宮に仕えていた中将君と八宮の間とにできた姫です。

求婚者がありましたが、それは浮舟の養父の財産を目的としたものでした。

その縁談が破れ、浮舟は中君のもとに身を寄せます。

そこで偶然出会った匂宮に言い寄られ、驚いた母は浮舟を三条の小家にうつします。

浮舟の消息を聞いた薫君は、浮舟を引き取って宇治に移しますが、浮舟を愛しく思いながらも大君の面影がよみがえり思わず涙するのでした。

東屋の古跡

東屋観音と呼ばれる石像が東屋の古跡です。鎌倉時代後半




源氏物語 宇治十帖 巻五十 東屋(あずまや)

開館時間 自由
住所 日本、〒611-0021 京都府宇治市宇治東内
連絡先 宇治観光協会 0774233334
アクセス 【電車】
JR奈良線JR宇治駅」から徒歩10分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩5分

東屋(あずまや)アクセスマップ