JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

平安時代へタイムスリップ!世界唯一の専門博物館宇治市源氏物語ミュージアム【宇治市】

平安貴族の恋愛観もわかる!?宇治市源氏物語ミュージアム

宇治市 源氏物語ミュージアム

源氏物語ミュージアムは、市民や観光客に楽しみながら平安文化を理解してもらおうというもので、特に全国の源氏ファンにとっては見逃せない施設です。館内では「宇治十帖」の世界を分かりやすく紹介するほか、源氏物語に関する文献、史料、小説などのライブラリー機能を持ち、コンピュータによる情報検索もできます。




平安時代へタイムスリップ!源氏物語を体現した日本で一つの専門博物館

平成10年に開館。源氏物語ミュージアムでは、模型や映像により光源氏や「宇治十帖」の世界を分かりやすく紹介するほか、テーマごとに分かれた展示ゾーンは、平安時代の面影、文化と伝えるとともに、源氏物語の魅力を様々な映像で紹介しています。

源氏物語関する3000冊以上もの蔵書をとりそろえ、見るだけではなく、実際に文章を読んで楽しむこともできます。

学芸員さんによる定期的に講座が開かれ、源氏物語・平安時代をより深く学んでもらうための取組もなされています。

千年の時を超え、いまだなお愛され続ける源氏物語。
現代にも普遍ともいえる、男女の愛憎劇。平安時代のきらびやかな世界に思いを馳せながら、源氏物語の魅力に触れてみてください。

千年の時を超えて愛され続ける源氏物語 見どころ

『源氏物語』は11世紀初め、平安時代半ばに書かれた全五十四帖からなる長篇小説です。 紫式部が書いたこの物語は、王朝物語の名作として後の作品に大きな影響を与え、現代に至るまで多くの人に愛されてきました。

物語は三部構成になっており、第一部は「光源氏が誕生し、栄華を極める」までの三十三帖、第二部は「その光源氏が、苦悩のうちに生涯を終えようとする」までの八帖、第三部は「その子の薫の半生を、悲恋とともに描いた」十三帖です。

最後の十帖は、宇治が主な舞台となっているため、「宇治十帖」と呼ばれています。
平安時代、貴族の別荘地であった宇治。
平安時代の貴族は、別荘で御堂にこもり、仏に祈るという習慣があり、そのため宇治は、とても身近な土地だったと考えられます。源氏物語の最後が宇治を舞台にされたのも、そういった所以ではないかといわれています。

宇治市源氏物語ミュージアム 観覧料

大人(大学生含む) 一般料金600円
団体割引料金 480円
小人 一般料金 300円
団体割引料金 240円
駐車場 乗用車15台
1台30分 100円
団体駐車場 1台1回 2,000円 バス駐車場は予約優先

【障害者等手帳所持者・介護者】
・宇治市内在住 無料
・宇治市外在住 半額

高齢者(70歳以上)・介護者
・宇治市内在住 無料

【割引関連】
・団体(20名以上)
・JAF会員証観覧料 20 %割引(他の優待・割引等との併用はできません)会員含む5名まで

宇治市源氏物語ミュージアム開館時間とアクセスマップ

開館時間 午前9:00~午後5:00(入館16:30まで)
住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治東内45-26
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
アクセス 【電車】
JR奈良線JR宇治駅から東へ徒歩15分
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車 徒歩8分
【バス】
近鉄/京都線 近鉄大久保駅から京都京阪バス約15分 バス停京阪宇治下車 徒歩約8分