JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

椿井大塚山古墳

椿井大塚山古墳
木津川市(旧山城町)の中央部にたたずむ椿井大塚山古墳は、古墳時代前期(三世紀後半)のなかでも最古に位置づけられる代表的な前方後円墳です。昭和28年(1953)年、古墳の後円部を南北に走る国鉄奈良線(現在のJR奈良線)の法面拡幅工事が行われた際に、偶然にも竪穴式石室が発見されました。その後の発掘調査で、石室内からは、邪馬台国の女王卑弥呼の鏡とも呼ばれる「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」三十数面を含む四十面近い銅鏡や多くの副葬品が出土しました。
古墳時代前期(三世紀後半)の中でも最古に位置づけられる代表的な前方後円墳で、平成12(2000)年「国史跡」に指定された。




椿井大塚山古墳情報とアクセスマップ

時間
住所 京都府木津川市山城町椿井三階・太平
アクセス 【電車】

JR奈良線 JR棚倉駅から徒歩