JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

異国情緒あふれる禅寺 黄檗山萬福寺【宇治市】

黄檗山萬福寺
写真提供 田中様

1654年、日本からの度重なる招請を受け、中国福建省から渡来した隠元禅師が、後水尾法皇や徳川四代将軍家綱公の尊崇を得て、1661年に開創した明朝伽藍の寺院。日本三禅宗(臨済、曹洞、黄檗)の一つであり、隠元禅師、木庵禅師、即非禅師など中国の名僧を原点とする黄檗宗の大本山。京都都七福神の一柱布袋尊を祀っている。
戦時中、萬福寺の土地を日本陸軍が利用していた




黄檗山萬福寺 中国風精進料理「普茶料理」

黄檗山萬福寺では隠元が中国から伝えた精進料理「普茶料理」を予約制で楽しむことができます。
「普茶」とは「普く(あまねく)大衆と茶を供にする」という意味とされ、
法要や仏事の終了後に囲む食事を指します。
胡麻油で炒めたり揚げたりした濃厚な味で、日本で油を使った料理が中華料理が広まるきっかけとも言われております。

黄檗山萬福寺 縁日「ほていまつり」

中国では弥勒菩薩の化身として布袋尊が信仰されており、萬福寺でも天王殿に布袋像が祀られています。
その布袋尊の縁日にあたる毎月8日には萬福寺で「ほていまつり」が開催されます(2月と8月は除く)。
ほていまつりの「手作り市」はプロアマを問わずハンドメイドを出品することも可能で、お茶席や音楽演奏などの催しも行われます。ほていまつりの入山は無料です。

黄檗山萬福寺 御朱印情報

4種の特別御朱印
【御朱印料】500円

黄檗山萬福寺開門時間とアクセスマップ

開門時間 9:00~17:00(受付は16:30まで)
住所 京都府宇治市五ケ庄三番割34
料金 大人:500円 小中学生:300円
連絡先 黄檗山萬福寺 0774-32-3900
アクセス 【電車】
JR奈良線「JR黄檗駅」下車 徒歩5分
京阪電鉄宇治線で「京阪黄檗駅」下車、徒歩5分