JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

現存する旧国鉄最古JR稲荷駅ランプ小屋(準鉄道記念物)

稲荷駅ランプ小屋(準鉄道記念物)

稲荷駅ランプ小屋(準鉄道記念物)

稲荷駅は明治12年8月18日、旧東海道線が京都から稲荷駅を経て大津駅(現在の膳所駅)まで開通したときに誕生した。
その後、大正10年8月1日に、現在の京都から大津間にある東山トンネル、新逢坂山トンネルの新線開通に伴い、
奈良鉄道の路線の一駅となった。
この稲荷駅ランプ小屋は開業当時、蒸気機関車の前照灯として使われていたランプや合図灯駅舎等、石油ランプ灯具の整備・保管や油類の保管に使用されたと言われており、
日本国内でも国鉄最古の建物として昭和45年10月14日に準鉄道記念物に指定され、現在は明治時代に使用されていた鉄道標識や時刻表、運賃表などを収蔵されている。
1週間程前に予約をすればランプ小屋内に入れます。




稲荷駅ランプ小屋(準鉄道記念物)営業時間とアクセスマップ

営業時間 要予約 平日、休日ともに日中 10:00~12:00
料金 無料(ただし、JR 利用者以外は入場券が必要)
住所 〒612-0881 京都府京都市伏見区 府 道 201 号線
連絡先 JR西日本お客様センター
 電話番号: 0570-00-2486
アクセス JR奈良線「稲荷駅」下車(稲荷駅構内)
バリアフリー情報 車椅子不可(バリアフリー設備はありません。)
車椅子対応トイレ有り(稲荷駅構内に有り)
筆談対応可
補助犬同行可(エレベーターなどの設備はありません。事前にご相談ください。)