JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

国鉄C56形蒸気機関車160号機

C56160号機

写真提供:古都テレビ 坂口氏



型式 C56160号
製造 川崎重工兵庫工場
導入日 1939年4月20日

C56 160

C56 160は、
1939年(昭和14年)4月20日、川崎車輌兵庫工場にて、C56形のラストナンバー機(製造番号 2099)として完成。
日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が製造したC56形蒸気機関車の1両である。

戦前は津山機関区、戦後鹿児島機関区から横浜機関区を経て、1964年(昭和39年)に上諏訪機関区と移り、その後は小海線・飯山線・七尾線で運用された経歴を持つ。
上諏訪機関区所属時には、入換用として虎模様のペイントをされて運用されていた時期もある。
1972年(昭和47年)七尾機関区から梅小路運転区へ移動し、他から転属して来たSLの搬入に使用されるなどしたが、梅小路蒸気機関車館開館後は特に目立った動きはなかった。

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)の梅小路運転区に所属し、京都鉄道博物館(旧梅小路蒸気機関車館)にて動態保存されている蒸気機関車で、SL北びわこ号やSLやまぐち号の牽引機関車だったが、2018年(平成30年)5月27日をもって本線運転を終了した。
同じ梅小路運転区に所属するC57 1とともに、現在まで一度も廃車(車籍抹消)されたことのない動態保存機である。

一覧へ戻る