JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

小野小町塚【井手町】

小野小町塚【井手町】

平安の女流歌人にして六歌仙のひとりとされる小野小町(生没不祥)。
冷泉家記によると井堤寺にて69年の生涯をとじたといわれている

世界三大美女の一人として、またせつない女心を詠んだ歌人として知られる小野小町は、平安時代前期の歌人で、六歌仙・三十六歌仙の一人として知られている。
しかし、仁明天皇(833年~850年)の時代に宮廷に仕えた歌人であることは確かですが、生まれた年も、死亡した場所も謎に包まれているが、終焉の地は京都府井手町にある井堤寺に住んでいたと伝わる。京都府井手町以外は京都市他、秋田県、山口県など全国各地に散在しています。
「冷泉家記」によると「小町六十九才井手寺に於いて死す」とあり、また「百人一首抄」も「小野小町のおはりける所は山城の井手の里なりとなん」と記されており、古来「大妹塚」と称されてきた井手の「小町塚」は、中でも信憑性のあるものとされています。

玉津岡神社の参道べりには、自然石を積み重ねた小野小町塚が立っている。

小野小町塚【井手町】情報とアクセスマップ

開門時間 住宅街のため常識ある時間で
住所 京都府綴喜郡井手町井手東垣内
アクセス 【電車】
JR奈良線JR玉水駅からより 徒歩約20分
【車】
JR奈良線:「JR玉水駅」から車で約5分