JR奈良線ガイド

language

JR奈良線ガイド

宇治のふるさと菟道を歩く~黄檗から三室戸へ~

宇治のふるさと菟道を歩く~黄檗から三室戸へ~

宇治のふるさと菟道を歩く~黄檗から三室戸へ~
JR奈良線JR黄檗駅黄檗山萬福寺→駒蹄影園碑→蔵林寺→隼上り瓦窯跡→安養寺→厳島神社→十八神社→三室戸寺→JR奈良線JR宇治駅

黄檗宗大本山萬福寺から古いまちなみを楽しみながら、花の寺としても有名な三室戸寺へ。
萬福寺では中国風精進料理「普茶料理」が味わえます。

※距離:約4km

※所要時間 約3時間
ジャンル 歴史・神社・仏閣/芸術・文化・街並

JR奈良線JR黄檗駅

JR奈良線JR黄檗駅
京都府宇治市にあるJR黄檗駅は、JR奈良線の駅として1913年から現在に至ります。

順路

黄檗山萬福寺

黄檗山萬福寺
1654年、日本からの度重なる招請を受け、中国福建省から渡来した隠元禅師が、後水尾法皇や徳川四代将軍家綱公の尊崇を得て、1661年に開創した明朝伽藍の寺院。

順路

駒蹄影園跡碑

明恵上人は栂尾で育てた茶を宇治の地へ移植させましたが、
茶の木を与えられた宇治の里人は、それをどのような間隔で植えたらいいのか悩んでいました。
すると、明恵上人が馬に乗ったまま畑に乗り入れ、その蹄の跡に茶の木を植えるように教えた伝説が記されています。
~栂山の尾上の茶の木分け植えてあとぞ生ふべし駒の足影~

順路

蔵林寺

恵心僧都とのゆかりを説く浄土宗のお寺です。
平安時代後期の仏像四体が安置され、本尊の阿弥陀如来像は全体に細くしなやかな姿で、お顔のつくりもおだやかです。

順路

隼上り瓦窯跡

7世紀前半の瓦窯の跡。国の史跡に指定されています。

順路

安養寺

宇治橋下流東岸の地から移転したと伝えられます。地蔵菩薩立像は北向地蔵と呼ばれ信仰を集めました。阿弥陀如来坐像とともに平安時代の作品です。

順路

厳島神社

厳嶋神社
本殿は元禄十年(1697)に建てられたもの。大鳳寺村の産土神として信仰を集めています。

順路

十八神社

三室戸寺本堂左手にあります。室町時代の特徴を持つ古建築。

順路

京都の花寺三室戸寺

三室戸寺
本山修験宗の別格本山で、約1200年前に創建されたといわれています。紫陽花と蓮で有名なこの寺は、西国巡りの札所としても、全国各地から四季を通して大勢の参拝客が絶えない寺です。

順路

JR奈良線JR宇治駅

JR奈良線JR宇治駅

JR奈良線JR宇治駅は1896年(明治29年)1月25日 – 奈良鉄道の桃山駅 – 玉水駅間延伸時に開業。
のち1905年(明治38年)2月7日 – 奈良鉄道との合併により関西鉄道となり
1984年(昭和59年)駅南側にあるユニチカ宇治工場に向けて専用線が分岐し、タンク車による化学薬品の輸送が行われていたが廃止となる。